マスター職実装

2008年03月29日 02:47

PSUにてマスター系3職が実装。

 マスター職はS武器・防具しか装備できない。これは別に構わない。
 マスター職は使用可能な武器が3~4種しかない。これもフォルテ系との差別化ということを考えると別に構わない。
 マスター職は(補助テクを除いて)PALV41以上を独占的に使用できるが、代わりにステータスをフォルテ系より低めにすることにより、従来職との火力の差を縮めている。これはいただけない。

 この手のゲームに於いて、「成長させる」という行為は、面白さを構成する中でも非常に重要な要素だと思う。だけど、現状ではスキルやバレットをLV41以上に成長させるには、否応なしにマスター職を選ばなければならない。戦闘に於いて行動の選択肢が少ない特化職よりも、火力で劣っても行動の選択肢が多い複合職を好むようなプレイヤー(自分がそうなのだが)であっても、「PAを成長させる楽しみ」を味わう為にはマスター職をやるしかないのだ。

 それなら、マスター職の特色を攻撃速度の向上と非常に高いステータス値にしておき、PAレベルに関しては従来の上級職でも41以上を使えるようにした方が、より広範な層のプレイヤーに対し、成長させる楽しみとプレイへの新たなモチベーションを提供する事が出来るのではないだろうか。

 現在の仕様では、LV41以上が存在しないPAも多数存在する有様なので、今後調整が入ると思うし、マスター職でもまだアクロマスターが残っているので、これからの動きに期待したいところである。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryuakt.blog27.fc2.com/tb.php/9-97ec52e3
    この記事へのトラックバック